社員を知る

日宣メディックスで働いている社員の紹介です。それぞれが取り組んでいる仕事内容についてはもちろん、入社の決め手や仕事のやりがい、会社の良いところから改善して欲しいところまで、生の声を集めました。皆さんの目指す働き方や、目標にしたいスタッフが見つかるかもしれません。

橋本 光平 制作部 WEBチーム

地域情報サイトの「いばナビ」をはじめ、社内で発行された媒体のWebサイトのコンテンツを更新したりするのが主な業務です。要所のデザインや全体レイアウトを考えたり、Web上で使用するために必要な素材を制作したりしています。いばナビは2009年にサイトがオープンしたため、古いデザイン部分が多く、そういった部分を見やすくする改修作業や、新しく企画されたテーマを元にお店の特集ページを制作します。最近制作するWebサイトはパソコンサイトのみではなく、所謂スマホサイトも制作・更新を行ったりしていますので、同時進行で作業を行う事が多いです。また、上記の社内サイトの他に新規受注の企業Webサイトの制作を行っています。場合によっては営業社員に同行してクライアントとの打ち合わせに同席する事もあります。

入社した理由

以前は都内のWeb制作の職場に勤めていました。しかし、入社してから数年経つと親会社の業績が悪くなり、やがては倒産する事になってしまい退職を決意しました。それから地元である茨城へ戻り、全く違う職種の冠婚葬祭業に勤めたのですが、日に日に「再びWeb制作に携わりたい」という思いが強くなりました。その当時はクリエイターとしてキャリアのブランクのある自分がWeb業界で再びやっていけるだろうか不安がありましたが、結果として創作意欲を抑えきれず求人サイトを探していたところ、日宣メディックスを知り入社を希望しました。

仕事の業務内容

地域情報サイトの「いばナビ」をはじめ、社内で発行された媒体のWebサイトのコンテンツを更新したりするのが主な業務です。要所のデザインや全体レイアウトを考えたり、Web上で使用するために必要な素材を制作したりしています。いばナビは2009年にサイトがオープンしたため、古いデザイン部分が多く、そういった部分を見やすくする改修作業や、新しく企画されたテーマを元にお店の特集ページを制作します。最近制作するWebサイトはパソコンサイトのみではなく、所謂スマホサイトも制作・更新を行ったりしていますので、同時進行で作業を行う事が多いです。また、上記の社内サイトの他に新規受注の企業Webサイトの制作を行っています。場合によっては営業社員に同行してクライアントとの打ち合わせに同席する事もあります。

仕事やりがい

やはり自分が考えたWebページを実際に見れるようになるのが、一番のやりがいを感じる所です。大体のコンテンツは用意される事が多く、最終的なWebサイトの表面を組み込む作業になるので、実際に閲覧するユーザー目線での「見やすさと読みやすさ」を第一に考えます。そして自分が制作したページでユーザーから応募や問い合わせがあった時は「使ってくれている、必要とされている」とダイレクトに感じることが出来るのも魅力の一つではないでしょうか。また、Webサイトは時代の流れが早く、ガラケーからスマホが普及したように日々”進化”しています。そんな中で制作上必要な新しい技術を調べながら、実際のWebサイトで組み込んで稼動させる事が出来た時も刺激的な体験が出来ます。

日宣メディックスの好きなところ・直して欲しいところ

《好きなところ》
1年の上期と下期の目標をチームで話し合って進行していき、それに伴う人事考課がしっかりしているのは良いですね。多くの会社では”営業”として売り上げ等の目標を立てるイメージですが、入社してから知ったのが”制作”の部署もしっかりと目標を立てている事に驚きました。主な目標の一例としていばナビのアクセス数や、チームとしての制作費の目標、そして資格取得等のスキルアップ目標等を立てています。こういった目標を立てる事で制作サイドとしても意識が高まります。

《直してほしいところ》
特に直して欲しいところは無いのですが、自分の部署がある制作フロアの方々が真面目で物凄く静かなので、個人的にはもう少しアットホームな雰囲気でも良いかと思います(笑)でも作業に集中出来るメリットはありますね。